カメラやレンズ

『SIGMA 30mm F1.4 DC DN Contemporary』レビュー。α6500で大活躍する大口径単焦点レンズ【作例多め】

sigma30の外観のアイキャッチ

SIGMAさんから発売しているContemporaryラインの『SIGMA 30mm F1.4 DC DN Contemporary』は、純正には無いF1.4というスペックの標準レンズです。

手振れ補正は内蔵していないのですが、F1.4という明るさは正義!ボディ内手振れ補正を搭載しているα6500を持っているぼくは、SEL35F18ではなくてSIGMAを選びました。

結果的には、大好きな描写、大好きな焦点距離で、買って大正解でした。

そんな大好きなレンズを、作例を合わせて紹介させてください。

『SIGMA 30mm F1.4 DC DN Contemporary』のスペックと特徴

スペック

まずは、レンズの主なスペックを表にまとめてみました。

正式名称 SIGMA 30mm F1.4 DC DN Contemporary
焦点距離 30mm (フルサイズ換算 45mm)
開放F値
F1.4
手振れ補正 なし
サイズ 最大径:64.8 x 長さ:73.3 mm
重量 265g
フィルター径 52mm
最短撮影距離
0.3m
最大撮影倍率 0.14倍
価格 31,000円(記事作成時の最安値)

F1.4という大口径ながら、3万円台前半という価格はSONY純正にはない唯一無二のスペックです。

以前、α6500用に標準単焦点レンズを悩んでいたときがあるのですが、F1.4というスペックに惹かれて購入に至りました。

α6500の標準単焦点レンズ!SEL35F18とSigma 30mm F1.4 DC DNを徹底比較!次にどのレンズを買おうかなと悩むのって、苦しいですけどとっても楽しい時間だったりしますよね。ちなみに、ぼくは苦しさの方が大きいですが。 ...
よこっち
よこっち
レンズに手振れ補正は無いので、ボディ内手振れ補正のあるα6500との相性は最高です!

外観

次は外観を見てみましょう。手に持ってみたところです。めちゃめちゃコンパクトというほどではありませんが、フルサイズに比べると一回り以上小さく感じます。

sigma30f14dcdnを手に持ったところ

質感はひんやりしっとりです。SIGMAのContemporaryラインは、Artラインに比べるとお安いシリーズになるのですが、これがなかなかしっかり高級感を感じます。

sigma30f14dcdnの外観

F1.4の大口径でも、APS-C用なのでフィルター径52mmとコンパクトです。

sigma30f14dcdnの外観

α6500とSIGMA 30mm F1.4 DC DN Contemporaryを並べてみると、カメラの高さよりレンズの長いです。では、レンズをカメラに付けてみましょう。

α6500とsigma30f14dcdnを並べた

α6500につけたサイズ感

α6500に付けてみました。コンパクトなボディのα6500からするとレンズが大きくみえます。持ってみると、バランス的にはレンズ側に若干重みを感じます。

sigma30f14dcdnをα6500につけた外観

もう少しだけレンズが短ければ良いなと思ったことは何度かあります。しかし、このレンズの描写を見るとそんな思いは吹き飛ばされます。

sigma30f14dcdnをα6500につけた外観
よこっち
よこっち
F1.4でもコンパクトさを追及したContemporaryラインならではのサイズ感です。

『SIGMA 30mm F1.4 DC DN Contemporary』作例

SIGMA 30mm F1.4 DC DN Contemporaryはフルサイズ換算で45mmです。50mm前後という焦点距離は標準レンズと呼ばれるだけあって、スナップにはピッタリ。

SONYのEマウントレンズでE 35mm F1.8 OSS SEL35F18というレンズがあるのですが、そちらはフルサイズ換算で52.5mmとなります。個人的に50mm以上だと少し長い(画角が狭い)気がするので、45mmが自分に丁度いい感じがしてお気に入りにです。

最短撮影距離が30cmなので、テーブルフォトや手に持ったコーヒーを撮ることも可能です。

いくつかスナップ写真やテーブルフォトを作例としてご覧ください。

スナップ写真

標準レンズだと、被写体との距離を調整すると広角っぽくもなったり、望遠っぽくできたりします。それが標準レンズの難しいところでもあり、醍醐味でもあります。

スコーン 出勤風景(木漏れ日) 出勤風景(川沿いのイス)

あまりレタッチや現像で色をいじらなくても、撮って出しでも澄んだ青色が出るのがとても気に入ってます。

テーブルフォト

次はテーブルフォトの写真です。F1.4の開放で撮るとボケボケになってしまうので、F2前後まで絞って撮ると良い感じになります。

アイスラテとスコーン
よこっち
よこっち
焼肉やラーメンがつやっつやに写る描写力。たまりません!

デフォルト設定で撮った作例

いつもはWBを手動で設定し、露出をプラス補正して撮ることが多いので、全てデフォルトにして撮った作例を追加しました。合わせてご覧ください。

α6500 + SIGMA 30mm F1.4 DC DN Contemporaryで広島駅裏をスナップ【JPEG撮って出し】α6500にSIGMA 30mm F1.4 DC DN Contemporaryを付けてスナップを撮ってきました。設定をフラットで撮った作例として見て頂ければと思います。何も設定を凝らずにここまでいい写りをしてくれるのでα6500におススメの1本です!...

『SIGMA 30mm F1.4 DC DN Contemporary』の機能面

開放F値F1.4のボケ感

APS-CでもF1.4で撮るとここまで背景をぼかすことができます。

フルサイズ換算でいうとF1.8クラスのボケ量です。あまりぼかすと何が何だか分からなくなりますが、後ろに人がいっぱいいたりして背景が整理できないときには役立つこと間違いなしです。

それに、ぼかすとエモいから止められないですよね笑

ただのさつまいもフライがエモい…

絞るとカリッと高解像度

次はF5あたりまで絞った写真です。

ボケ量もほどほどに、解像度の高い絵を吐き出してくれます。被写体や構図の力がはっきりとわかるので写真撮ってる感がでてきます。

よこっち
よこっち
開放はボケもあってふわふわな描写で、絞るとカリッと高解像度なレンズです。

『SIGMA 30mm F1.4 DC DN Contemporary』と合わせて買いたいアクセサリー

レンズを保護するプロテクターです。僕が買うときはKenkoさんのPRO1Dというプロテクターが多いのでおススメしたいです。

次はNDフィルターです。昼間に開放で撮ろうと思ったときにシャッタースピードが1 / 4000しかないα6500にNDフィルターは必須です。動画撮影でも使用しようとしたら必須です。

まとめ

α6500に組み合わせると手振れ補正付き大口径単焦点レンズになる。最高。

SONY純正のSEL35F18にはレンズ内手振れ補正が付いています。そのため、α6000、α6300、α6400で使い勝手が良いです。

α6500にはボディ内手振れ補正が付いているので、レンズに手振れ補正が付いていないSIGMA 30mm F1.4 DC DN Contemporaryとはベストな組み合わせと言えます。

昼間に開放F1.4で撮ろうとすると、シャッタースピードが1 / 4000までのα6500では白飛びを起こしやすいです。少し絞るか、NDフィルターを着用するとばっちりです。

単焦点レンズなので、旅行には向かないと思うかもしれませんが、この明るい単焦点の描写をぜひ旅先でも使ってもらいたい。子供や友人、家族など大切な人との思い出をぜひこのレンズを使って残してほしい!

よこっち
よこっち
この描写はEマウントでもトップクラス!買おう?

α6000,α6400,α6500の単焦点レンズ選び

α6000,α6400,α6500のズームレンズ選び

こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA