記事を探したい方は全カテゴリへ
カメラやレンズ

α6500,α6300,α6000におすすめのSIGMA単焦点レンズまとめ

ミラーレスカメラ。一眼レフカメラよりも比較的コンパクトで、各社力を入れて新製品がどんどん投入されています。

これからカメラを始めたい方も、第一選択として考えている人も多いはずです。

僕もそのミラーレスカメラを使っています。

SONYの『α6500』『α6000』というカメラです。

α6500はα6000の上位機種で、画質、動画性能、ボディ内手振れ補正、質感、どれをとってもレベルの高いカメラです。

α6000は今はかなり安くなっていて、新品で4万円代後半中古では3万円前後で購入することができて、今でもとっても人気のカメラです。

そんなSONYのミラーレスカメラのレンズ規格は「Eマウント」と言います。

SONY、SIGMA、TAMRONなど各メーカーからたくさんのレンズが発売されています。

今回はその中から、「SIGMAの単焦点レンズ」をご紹介します!

SONY純正よりもリーズナブルで手が出しやすく、写りも良いのでとってもおすすめです!

SIGMAの3つのレンズコンセプトライン

シグマは、すべての交換レンズを3つのプロダクト・ラインに統合します。
3つのラインはそれぞれ明確なコンセプトをもち、
今後開発されるレンズはすべて必ず、いずれかに再編されます。
SIGMA 公式HPより

現在、SIGMAは3つのラインを設けて、すべてのレンズをそのどれかに分類して発売しています。

Contemporary(コンテンポラリー)、Art(アート)、Sports(スポーツ)という3つのラインです。

それぞれをざっくり説明すると、こんな感じです↓

【Contemporary】

光学性能コンパクトさを両立したライン

→高い性能と汎用性を求める方向け

【Art】

最高の光学性能を追及したライン

→「とにかく描写性能を」求める方向け

【Sports】

運動性能を追求したライン

→動きの速い被写体や遠方の被写体を捉えたい方向け

SIGMAのコンセプトを分かりやすくした3つのラインのことです!

Contemporary

SIGMAが光学性能コンパクトさを両立したラインと謳っている通りのラインナップです。

現在は2本のレンズがラインナップされており、どれもF1.4という大口径レンズですがコンパクトリーズナブルです。

そして、どちらも写りに定評があり、初心者から上級者の方までおすすめできます。

SIGMA 16mm F1.4 DC DN Contemporary SONY Eマウント用

SIGMA 16mm F1.4 DC DN

換算24mm広角レンズです。

このレンズが発表された時はしびれました!

「広角24mm x F1.4大口径レンズ」が、このコンパクトさでこの安さ

現在は4万2千円程度。

単純に比較はできませんが、Canonの24mmF1.4のレンズは20万円近くしますので、だいたい3割程度の値段です。

SIGMAの最新Artレンズと同等の性能を持たせていながらも、コンパクトさを追及した当レンズは素晴らしい1本です!

 

最短撮影距離 0.25m
重量 405g
フィルター径 67mm
防塵防滴 あり
絞り羽根枚数 9枚
サイト 公式HP
Amazonで探す

広角でボケも期待できる大口径レンズが4万円台は買い!

 

SIGMA 30mm F1.4 DC DN Contemporary SONY Eマウント用

SIGMA 30mm F1.4 DC DN

換算45mm標準レンズです。

個人的にこのレンズが最高に気に入っています。

写りも良い、値段も手ごろ(3万円代前半)、ルックスもかっこいい。

初めての単焦点レンズが欲しいという方に、絶対におススメしたい1本です!

30mmは、換算45mmという画角でとっても使いやすいです。

50mmだと少し狭く感じる方にも一度使ってもらいたいです!

 

最短撮影距離 0.3m
重量 265g
フィルター径 52mm
防塵防滴 なし
絞り羽根枚数 9枚
サイト 公式HP
Amazonで探す

α6500にレンズをつけたところ

α6500 + SIGMA 30mm F1.4 DC DNで撮った写真

アイスラテとスコーン
α6500の標準単焦点レンズ!SEL35F18とSigma 30mm F1.4 DC DNを徹底比較!次にどのレンズを買おうかなと悩むのって、苦しいですけどとっても楽しい時間だったりしますよね。ちなみに、ぼくは苦しさの方が大きいですが。 ...

大口径レンズで撮る空気感を、簡単に味わえる1本!

 

SIGMA 56mm F1.4 DC DN Contemporary SONY Eマウント用

 

換算85mm中望遠レンズです。ポートレートレンズとも言われています。

こちらは、SIGMAから近日発表される予定のレンズです!

SONY純正の50mm F1.8よりも大口径なので、α6500,α6300,α6000などでポートレート撮影をしたい方には最適な1本です!

16mmや30mmは写りに定評があったので、このレンズの写りにも期待できます!

現在分かっている情報のみですが、スペックシートです↓(分かり次第埋めていきます)

最短撮影距離 50cm
重量 280g
フィルター径 55mm
防塵防滴
絞り羽根枚数 9枚 (円形絞り)
サイト 公式HP

56mmでF1.4の大口径レンズは、背景をぼかすのに最適!

早く作例が見たい!

最後に

SIGMAのレンズはSONY純正には無いレンズがラインナップされていて、とっても選びがいがあります。

今回のご紹介で、純正には無い魅力がSIGMAレンズにあるのを感じてもらえたら嬉しいです。

ぜひSIGMAの単焦点レンズを1本試してみてください!

その魅力にハマって2本、3本と増えていくはずです!

よこっち(@tirykt)から一言。

SIGMAの単焦点レンズを使ったらハマっちゃった。

こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA