カメラやレンズ

『SELP1650』レビュー。わずか116g、日常に馴染む標準ズームレンズ

SONY Eマウント(APS-C)の『E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650』は、軽くて小型で普段使いとして写りは十分。α6000シリーズを買った時の初めてのレンズにも、ママカメラやパパカメラにもおススメしたい1本です。

SELP1650は116gと、とても軽いレンズで見た目も薄型でパンケーキレンズと呼ばれています。作品撮りをされる人には解像度や表現力が物足りないかもしれませんが、普段使いでは十分すぎる写りをしてくれるので、付けっぱなしレンズとして大活躍してくれます。

そんなSELP1650を作例や使用感を含めてご紹介します!

『SELP1650』のスペックと特徴

スペック

まずは、レンズの主なスペックを表にまとめてみました。

正式名称 E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS
焦点距離 16-50mm (フルサイズ換算 24-75mm)
開放F値
F3.5
手振れ補正 あり
サイズ 最大径:64.7 x 長さ:29.9 mm
重量 116g
フィルター径 40.5mm
最短撮影距離
0.25m
最大撮影倍率 0.215倍
価格 28,390円(記事作成時の最安値)

116gのレンズで24~75mmの標準域が撮れるズームレンズは数少ないです。

α6400などのキットレンズとして買う場合は1万円台で付いてくるので、キットレンズとして買うのがおススメです。

外観

約3cmとコンパクトなレンズで、持ってみるとホントに軽いです。これで24~75mmの標準ズームなのですから驚きです。

SELP1650の外観

α6500につけたサイズ感

こちらが正面から見たところです。ボディの高さにぴったり収まっていてすっきりした見た目です。

SELP1650をα6500につけた

次に、上部から見たところです。グリップよりはみ出す程度でホントにコンパクト。でっぱりが少ないので小さなポーチにサクッといれて持ち運びできます。こうやって見るとコンデジに見えますね。

SELP1650をα6500につけた

電源をONにすると、沈胴していたレンズが伸びます。こちらは一番伸ばしてみたところですが、これで他のレンズくらいの大きさです。

SELP1650をα6500につけた
よこっち
よこっち
撮った写真を見るために電源を入れたとき、レンズが伸びちゃうのが気になるけどね。

『SELP1650』作例

日常のスナップなど

子供連れで出かけたときには必ずと言っていいほど、このレンズを持っていきます。レンズをつけたままポーチに入れることが出来るほどコンパクトなんですよ。

キットレンズだから写りがたいしたこと無いって思われがちかもしれませんが、それは間違いです。絞って撮ったときの解像度なんてSEL1670Zにも負けてないと思います。

SEL1670Zとの比較もしてみようと思うので、また記事にしてご紹介します!

牛さんに興味津々な我が子。ママの方が怖がって近づけません笑

ごめんなさい、僕も怖くてこれ以上近づけなかったです笑

牧場に併設されているカフェのシュークリーム。めっちゃ美味しかったです。他にお客さんがいる店内でも小さいカメラと小さいレンズの組み合わせだと気軽に撮ることができます。

α6500の記事を書いたときにも載せた写真になります。家族で散歩したときの1枚。これ気に入ってるんでまた載せました。

24mmという広角から75mmという中望遠まで写せるので、日常的に写したいものはだいたい写せます。散歩にもってこいです。

狭い店内でも24mm始まりのレンズだとこの通り。けっこうシャープな写りをしてくれてます。

F値はそれほど明るくないので、ボケを作るのは苦手かもしれません。
しかし、望遠側を使うことでまったりと前ボケを作ると良い感じに撮れます。

カフェで適当に撮った1枚ですが見返すとなかなかの解像度です。

次のこれは、、、何で撮ったんだろう笑
どこにでも連れ出して行ってるので、よくわからない写真も量産されていて、後で見るとおもしろいです。

年末に広島のおりづるタワーに上ったときの1枚です。観光写真には十分すぎる画質です。

ブツ撮りもいける

手振れ補正が付いているので、α6000α6300α6400といったボディ内手振れ補正が付いていないカメラでも手持ちでブツ撮りが対応可能です。

少し絞って撮っているのですが、ブレずに撮れています。

ストロボを焚いているので、パキッとしています。これだけきれいに写るのなら仕事や作品以外なら何でも使えます。

よこっち
よこっち
キットレンズだからって、F値が暗いからって使ってみないのはもったいない1本です。

『SELP1650』の機能面

軽量116gでコンパクト

SELP1650はホントに軽いです!大きく重たいレンズって写りは確かに良いですが、週末に家族で遊びに出かけるときとか持ち出すのが億劫になりませんか?

とくに小さい赤ちゃん連れや、旅行で荷物を少なくしたいときには助かります。

フォトコンや写真展に出すための作品撮りとは違う時は、気軽に持って出れるレンズが重宝します。そして写りもあまり妥協はしたくないって時にはSELP1650は最適です。

パワーズームは動画撮影にも役立つ

パワーズームというのは、デジカメのようにレバーを動かすことでズームができる仕組みのことです。手動ズームとは違う使い勝手に戸惑う方もいるかもしれませんが、コンデジを使っていた方やスマホを使っていた方はあまり気にならないと思います。

パワーズームが搭載されていると、動画撮影時に手動だとカクカクしてしまうズームがとってもスムーズになります。

『SELP1650』と合わせて買いたいアクセサリー

自動開閉キャップ

SELP1650を使う際にぜひ使ってもらいたいアクセサリーがコレです!SELP1650は沈胴ズームで、電源ONになったらレンズが伸びてきます。その際にキャップが自動で開くのですぐ撮影することができる優れものです。

撮影時に毎回キャップをはずすのって地味に億劫ですよね。せっかくコンパクトなレンズなのでもっと便利に簡単に使いたい!という人におススメです。

こちらが電源OFFのとき、キャップは閉まっています。

SELP1650の自動開閉キャップが閉じているところ

電源をONにすると、カシャっと言ってキャップが開きます。まさにコンデジの使い勝手。

SELP1650の自動開閉キャップが開いているところ
よこっち
よこっち
コンデジ並の便利さで、コンデジ以上の高画質と高機能を手に入れることができます!

まとめ

α6000シリーズの価値を最大限に高めてくれるレンズ

SONYのαシリーズの売りの一つはコンパクトさだと思っています。

コンパクトであれば、気軽に写真を撮ることができます。シャッターチャンスを逃さずに、子供の笑顔や、友達や家族の写真、きれいな景色などが撮ることができます。

SELP1650は、そんなαシリーズの価値を最大限に高めてくれます。

よこっち
よこっち
高画質でも大きく重たいレンズで撮れない写真がSELP1650で撮ることができます。

α6000,α6400,α6500の単焦点レンズ選び

α6000,α6400,α6500のズームレンズ選び

こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA