撮影取材を承ります。お問合せよりご連絡ください。

わたしの集中空間。すぐに没頭できるノイズキャンセリング付きワイヤレスイヤホン「TaoTronics SoundLiberty 94」レビュー

目次

TaoTronics SoundLiberty 94

TaoTronics社からアクティブノイズキャンセリング(ANC)が搭載された完全ワイヤレスイヤホン「SoundLiberty 94」が発売されました。

今回のSoundLiberty 94カナルタイプとなっています。耳の密閉度がオープンイヤータイプよりも高いので、好き嫌いがあるかもしれませんが、個人的には軽く(片耳5g)て装着感も良いのであまり気になりませんでした。

サクッとスペックを見てみます。

イヤホンタイプカナル型
BluetoothバージョンBluetooth 5.1
アクティブノイズキャンセリングHybrid ANC
充電端子USB-C
バッテリー(イヤホン/ケース)50mAhx2 / 360mAh
充電時間2時間
再生時間(ANCオン)単体5H / 合計20H
再生時間(ANCオフ)単体8H / 合計32H
防水IPX4
重量(イヤホン/総重量)5.3g / 約49.8g
備考アンビエントモード(外音取込モード)あり
タッチ操作

防水のIPX4は軽く水が飛んできた程度なら大丈夫という性能なので、じゃぶじゃぶ水で洗ったりはできないので注意してください。

9/11(金)~9/13(日)に使える1,000円OFFクーポンを発行頂きました。
気になった方はこの機会にいかがでしょうか。
初めてのノイズキャンセリングイヤホンをお探しの方には特におすすめです。
クーポンコード
BH094ABT

当記事はメーカー様より商品をご提供いただきレビューを行っております。

ほどよいノイズキャンセリング

SoundLiberty 94」はアクティブノイズキャンセリング(ANC)が搭載されていて、35dbまでの騒音を低減してくれます。

カナル型は耳の密閉度が高くて、そもそも外の音を遮断してくれています。そのため、ANCをONにしなくてもほどよく騒音が低減されていますが、そこにANCを合わせるとなかなかの静けさとなります。

ANCが搭載されたヘッドホンタイプのものよりは効果が弱いと感じますが、1万円以下で買えるワイヤレスイヤホンとしては十分に感じました。

初めての「ANC付きワイヤレスイヤホン」を探している方にもおすすめしたいと思います。

良い点
  • ANC搭載ワイヤレスイヤホンとしてはお手頃価格(AppleのAirPods Proは3万円)
気になる点
  • ANC付きヘッドホンタイプのものよりANCの効果は弱い
  • ANCをオンにしている時、風が直接当たるとノイズがひどい
よこっちのアイコン画像よこっち

ANCの効き自体はそれほど強くは無い印象です。

音質、ちょうどいいです。

音質に関してですが、こだわりがそれほど強くないぼくが普通に聞くには全く問題が無いレベルでした。むしろ全然良いじゃんっていうのが印象です。

使っていて感じた印象を箇条書きでお伝えします。

  • 重低音は強すぎない感じなので、重低音ががっつり欲しいという人には向いていないかも。
  • 自転車通勤で使っていますが、振動が多くても音飛びは全くありません。
  • カナル型ということもあり、静かな部屋で聞いていても隣にいても音漏れはしていません。
  • YouTubeを見るときにもよく使うのですが、映像との音ズレはほぼ感じられませんでした。
よこっちのアイコン画像よこっち

1万円以下で買えるモデルとしてバランスは良いと思いました。

アンビエントモード(外音取込モード)

アンビエントモードといって、外の音を取り込むモードがあります。音楽を聞きながら外の音も聞こえるようになるモードかと思ったのですが、音楽の音量は0になって外の音をマイクで増幅して聞こえるようになる感じでした。

聞こえる音としては、はっきりときれいに聞こえるのですが、できれば音楽も聞いていたいなぁというのが正直な感想でした。

USB-C対応で最大32時間再生可能(単体最大8時間)

充電端子はUSB-Cになっています。

ANCをオフにした状態だと、単体で連続8時間再生可能。ケースの充電を含めると最大32時間再生可能となっています。

イヤホンをケースに入れている間に、ケースのバッテリーを使ってイヤホンに充電を行うタイプです。ケースの前面に4 段階のLEDインジケーターがあり、バッテリー残量がわかるようになっています。

実際に使ってみたところ、通勤往復60分で仕事中1~2時間使用して1週間バッテリーがもっています。ぼくの用途だと充電切れはあまり気にせずに使えるなと言う印象です。

取り出すと接続、仕舞うと停止

一度ペアリングすると、ケースから取り出すだけで自動に接続されます。

耳につけると「pairing」「connected」と聞こえてきます。両耳につけ終わるころには接続が終わっているので、接続にイライラすることは全くありませんでした。

仕舞うと電源がOFFになりスマホの再生も止まります。

よこっちのアイコン画像よこっち

この一連の流れがすごくスムーズで軽く感激しました。

イヤホンをタッチすることで操作できる

イヤホン本体をタッチすることで音量を上げ下げしたり、早送りや巻き戻しの操作をすることができます。

個人的によく使うタッチ操作
  • 右耳イヤホンを1回タッチして音量UP、左耳イヤホンを1回タッチして音量DOWN
  • 左耳イヤホンを2秒タッチしてANCのON/OFF
  • 左耳イヤホンを2回タッチしてアンビエントモード(外音取込モード)

コンビニのレジで店員さんの言葉を聞く時には、アンビエントモードにするので覚えておいて損はありません。

よこっちのアイコン画像よこっち

髪がイヤホンにかかるとタッチ操作しずらいのが弱点

挙動は自然でノイズレス

ケースから出して両耳にはめるまでに接続ができていて、すぐ音楽を聞くことができる。ケースに仕舞うと電源が切れて再生も止まる。ケースに入れている間に充電されて、持ち、次もしっかりと聞ける。軽量コンパクトでどこでも持っていける。

この一連の動作にノイズは感じられず、非常にスムーズに使うことができて気持ちがいいです。

iPhoneにイヤホンジャックが廃止されてからイヤホンで音楽を聞くことが減ってしまっていましたが、このSoundLiberty 94を手に入れてから毎日音楽を聞いています。

通勤や通学のスキマ時間に音楽を聞いて、脳に癒やしを与えてあげましょう。

よこっちのアイコン画像よこっち

人生に音楽って必要だなぁとしみじみ

TaoTronics SoundLiberty 94レビューまとめ

良い点 / 気になる点

良い点
  • ANC搭載ワイヤレスイヤホンとしてはお手頃価格(AppleのAirPods Proは3万円)
  • 取り出して電源ON、仕舞うと電源OFFで再生も止まるので操作する手間が少ない
  • イヤホンをタッチすることで操作可能
気になる点
  • ANC付きヘッドホンタイプのものよりANCの効果は弱い
  • 髪の長い人はタッチ操作が難しい(他のイヤホンも同様)
  • 電源ONにしたときに毎回ANCがONになっている(前回の設定を覚えていてほしい)

おすすめしたい人 / あまりおすすめしない人

おすすめしたい人
  • 手頃にノイズキャンセリングのワイヤレスイヤホンが欲しい人
  • 初めてノイズキャンセリング付きのワイヤレスイヤホンが欲しい人
あまりおすすめしない人
  • がっつりとノイズキャンセリングが欲しい人(ヘッドホンタイプがいいかも)

9/11(金)~9/13(日)に使える1,000円OFFクーポンを発行頂きました。
気になった方はこの機会にいかがでしょうか。
初めてのノイズキャンセリングイヤホンをお探しの方には特におすすめです。
クーポンコード
BH094ABT

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる