撮影取材を承ります。お問合せよりご連絡ください。

SONY『SEL50F18F』レビュー | AFの遅さは気になるが2万円台で買えるフルサイズ単焦点レンズとしてよき

URLをコピーする
URLをコピーしました!

SONYの撒き餌レンズと呼ばれている『SEL50F18F』というレンズ。手を出しやすい価格なのですが、AFの遅さなど気になる点があって評価の低めなこのレンズ。

それでも良いところもあるので、1度使ってみるのも楽しいですよっていう紹介をさせてください。

※写真は全て緊急事態宣言前のものです。

よこっちのアイコン画像よこっち

良いところもあるし気になるところもあるけど、活躍する1本。

目次

FE 50mm F1.8 SEL50F18Fのスペックと特徴

SEL50F18Fはフルサイズ向けのレンズですが、APS-Cで使うと75mmという使いやすい中望遠となるのでα6500,α6600などの手ブレ補正内蔵のカメラにもぴったりです。

気になるスペックをざっくりと見ていきます。

正式名称FE 50mm F1.8 SEL50F18F
焦点距離50mm (APS-Cで使うと75mm)
開放F値F1.8
手振れ補正なし
サイズ最大径 68.6 mm x 長さ 59.5 mm
重量186g
フィルター径49mm
絞り羽7枚
最短撮影距離0.45m
最大撮影倍率0.14倍
発売日2016年4月28日
価格約25,000円(記事作成時の最安値)
付属品レンズフード ALC-SH116
フロントキャップ ALC-F49S

焦点距離が50mmはいわゆる標準レンズと呼ばれています。標準レンズというのは、人の目で見ている画角に近いということで、汎用性が高くて使い勝手の良い焦点距離です。

F1.8という明るい単焦点レンズですので、背景がボケて印象的な表現も期待できます。

次は外観を見ていきましょう。

FE 50mm F1.8 SEL50F18Fの外観

外観はボタンや絞り環など何もなく、ピントリングのみの簡素な作りです。質感はさらさらとプラスチック感は強めですがとっても軽いです。

SEL50F18Fの外観

α7Sとの組み合わせ

フルサイズF1.8レンズとしてはかなりコンパクトです。

初代α7シリーズに付けるとめっちゃ取り回ししやすいです。

SEL50F18Fをα7Sにつけたところ

α6500との組み合わせ

APS-Cに付けると75mmとなります。レンズの中央のみ使うので、かなり良い写りだと感じます。

SEL50F18Fをα6500に付けたところ

SEL50F18Fの良いところ

軽い

初代α7シリーズに付けると、SEL50F18(186g) + α7S(489g)で675gという軽さです。

グリップをつまむ感じでも余裕です。

SEL50F18Fをα7Sにつけたところ

F1.8という明るさ

F1.8あると室内でも手ブレ補正無しで全然余裕です。

α7Sの高感度と組み合わせるとビタッと止まります。ただ、周辺減光はあります。

開放で撮った写真は、なんだかこってりした写りになる気がします。

フルサイズのレンズにしては安い

記事執筆時、価格ドットコムで見ると最安は2万5千円くらいでした。

SONY純正のフルサイズのレンズでは一番安いので、フルサイズでボケ感を楽しみたいならちょうどいい1本かなって思います。

気になる点

AFが遅い

SEL50F18Fの一番の弱点はAFだと思います。動き回る子供を撮るときにフォーカスが間に合わないことも多いです。

こんなぼけぼけの写真もけっこう残してしまうことになります。ただ、少しくらいならこんな写真があっても楽しいかもと思って残しています。

ボケはレモン形(それほど気にしてない)

気になる人は気になるかもですが、ボケはこんな感じにレモン形です。高いレンズじゃないので全然大目に見ることができるかなって思います。

AFが遅い(2回目)

でもやっぱりAF遅いのが気になっちゃうんですよねー。

のんびりスナップする程度ならいいのですが、子供のいい表情や仕草を撮り逃しちゃうと悲しくなります。

ただ、(体感的な話なのですが)AF-Cを使えば、(なぜか)AFの遅さが改善される気がしていますので気になる方はやってみてください。

SEL50F18Fで撮った作例

α7S + SEL50F18の写真

50mmじゃないと撮れないっていうものはないですが、普段のスナップに大活躍しています。最短撮影距離は45cmとテーブルフォトにもちょうどいいです。

こちらの記事もα7S + SEL50F18で撮っています

あわせて読みたい
”かわいい”が溢れる島『直島』を50mm単焦点1本で切り取ってきた【おっさん5人旅】
”かわいい”が溢れる島『直島』を50mm単焦点1本で切り取ってきた【おっさん5人旅】よこひげさんぽ倉敷の翌日、香川県にあるアートの島「直島」に写真を撮りに足を伸ばして来ました。「瀬戸内国際芸術祭2019」最終日にあたる日で、混雑をさけて早朝に倉...
あわせて読みたい
フォトウォーク〈よこひげさんぽ倉敷〉ありがとうございました!
フォトウォーク〈よこひげさんぽ倉敷〉ありがとうございました!いつもはフォトウォークイベントに参加する側だったのですが、今回は「よこひげさんぽ」というフォトウォークイベントを、45Houseというブログを運営しているひげこいさ...
あわせて読みたい
お目当てのカフェが休みだったのでα7Sでスナップしてみた。
お目当てのカフェが休みだったのでα7Sでスナップしてみた。3連休半ばの日曜日。天気がいい日を見計らって、目星をつけていたカフェに行こうと思って早起きしました。朝9時からOPENしているカフェなので、早く行って朝コーヒーし...

α6500 + SEL50F18Fで撮った写真

参考に、α6500(APS-C機)で撮った写真も載せてみます。α7Sを買う前にこの組み合わせでけっこう撮っていました。

レンズの中心のみを使っているので、均一性の高いきれいな写りになってる気がします。

こちらの記事もα6500 + SEL50F18で撮っています

あわせて読みたい
広島・袋町公園で開催された「The Trunk Market(ザ・トランクマーケット)」へ行ってきました!
広島・袋町公園で開催された「The Trunk Market(ザ・トランクマーケット)」へ行ってきました!広島市中区・袋町公園で開催された「The Trunk Market(ザ・トランクマーケット)」へ行ってきました!【The Trunk Marketとは】広島市の中心地にある袋町公園で定期的に...

情報まとめ

メーカーサイト

各レビューサイト

なんだかんだ、手軽に使えるフルサイズ単焦点レンズとしておすすめできる

このレンズの評価って実は「AF遅すぎ」「ボケがきたない」「フォーカスうるさい」といった安かろう悪かろうという評価がよく見られます。

でも、実際に使ってみると軽くて取り回しのしやすい明るいレンズという印象が強かったです。

ただ、野鳥撮り、スポーツ撮り、レース撮りなどのAFスピードが必要な撮影には不向きです。そこはご注意を!

値段も安く、2万円台で買える明るいレンズということで、標準レンズ欲しいな~ボカした写真撮ってみたいな~って悩んでいる方は、ぜひ1度買って使ってみてほしいです。

よこっちのアイコン画像よこっち

手軽に使えてよき!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる