MENU
撮影取材を承ります。依頼ページよりご連絡ください →✉

Nikon NIKKOR Z 40mm f/2レビュー | Zユーザー待望の小型単焦点レンズ!日常使いに最適な1本[作例あり]

URLをコピーする
URLをコピーしました!

\ 今日のお得情報 /

本日のAmazonタイムセールをみる

Nikonから待望の小型単焦点レンズ『NIKKOR Z 40mm f/2』が発売されましたので予約して発売日に入手しました。

1日使ってみた範囲ではありますが、気になる方が多いと思うので色々と使ってみてレビューしてみました。

いきなりですが、最初にこのレンズのことをまとめみます。

紹介するのはこんな商品です

いいところ

  • F2という明るさで2万8千円台という手頃な値段
  • 軽くてコンパクトで日常使いに最適
  • 焦点距離40mmが使いやすい

わるいところ

  • Sラインと比べると質感や写りは劣る
  • レンズ横のFnボタンを多用するので、レンズ横を爪で引っ掻く傷がつきやすそう(素材的に)
  • ボケが若干うるさい感じはする
最初に結論を言うと…

結論を言うと、この値段でこの写りが手に入るのなら、Nikon Zを使ってる人で家族を撮ったりスナップを撮る人にめっちゃおすすめしたいレンズです。

ただ、すでにZ 35mm f/1.8 SやZ 50mm f/1.8Sを常用していて満足している人は、そっちを使うほうが幸せだと思います。ちょっとしたお出かけに持ち出し用にならアリです。

また、Z fcやZ 50などのAPS-Cを使っていて、レンズキットの次にぜひ勧めたい1本です。理由としては値段と写りのバランスが良いという点。新品で3万円せずに買うことができて、F2という明るい単焦点レンズを味わえるのはかなりのメリットです。

よこっち

この値段でこのスペックと描写が手に入るなら最強コスパレンズです!

長いので気になるところまで読み飛ばしてね

目次

Nikon NIKKOR Z 40mm f/2

NIKKOR Z 40mm f/2の画像
NIKKOR Z 40mm f/2

レンズスペック

正式名称NIKKOR Z 40mm f/2
焦点距離40mm (APS-Cで使うと60mm)
開放F値F2
手振れ補正なし
サイズ最大径 70 x 45.5 mm
重量170g (キャップ含めると実測195g)
フィルター径52mm
絞り羽根9枚
最短撮影距離0.29m
最大撮影倍率0.17倍
発売日2021年10月1日
価格28,710円(記事公開時)
メーカーサイトメーカー製品情報ページ

最短撮影が29cmなのでカフェや飲食店でのテーブルフォトにも十分使えます。

重量

仕様上は170gとありましたが実際に計ってみると195gとありました。レンズキャップ、リアキャップを入れたからですかね。いつも使っているZ 7と組み合わせてみると847gでした。

いつもZ24-70mm F4やZ50F1.8Sを使っていると1kg超えるので、めっちゃ軽っっ!と思ってしまいました。

やっとZに小型単焦点レンズが発売されたなぁと一人で物思いに耽ってしまいました。

レンズ重量を計ると195gの画像
レンズのみの重量(キャップ込み)
Z7にレンズを付けた重量を計ると847gの画像
Z 7に付けた重量

付属品

付属品はこちら。フードは無いんですねー。

同梱品一覧の画像
同梱品
付属品
  • レンズ
  • 元箱
  • 説明書
  • フロント/リアキャップ

外観と操作性

フォーカスリングのみのシンプルな外観です。AF/MFスイッチが無いので、Z fcやZ 50などのFnボタンが少ないボディではカメラ側での制御が必要な点は少し面倒かも。

レンズの外観の画像
外観

手に持った感じはかなりコンパクトで軽いです。

レンズを手に持ってみた画像
ハンズオン

フィルター経は52mmで、マウント部はプラスチックです。マウント部にカバーがあり、簡易的な防塵防滴仕様となっているみたいです。プラマウントが気になる方もいるとは思いますが、軽量化と低価格に繋がっているので個人的にはアリかなと。

レンズ前面の画像
前面
レンズ後面の画像
後面

今手元にあるZレンズと大きさ比較

今手元にあるZレンズで一番小さかったZ 24-50mm f/4-6.3(写真左)と、Sラインの単焦点レンズZ 50mm f/1.8 S(写真右)と大きさを比べてみました。

Z 24-50mm f/4-6.3 よりも小さいことに驚きです。

Z 24-50mmとZ 40mmとZ 50mmで大きさ比較
Z 24-50mm(写真左)とZ 40mm(写真中央)とZ 50mm(写真右)で大きさ比較

Z 7への装着

Nikon Z 7に装着したところを何枚か撮ってみました。

今まで使っていたズームや単焦点レンズに比べて半分程度の大きさで、カメラバランスも良くてグリップもしやすいです。

Z 7にレンズを装着した正面からの画像
Z 7にレンズを装着した右上からの画像
Z 7にレンズを装着した左側からの画像
Z 7にレンズを装着した上部からの画像
よこっち

小さなカバンでもすっぽり入れやすい大きさなので、お出かけに持って行きたくなります。

絞りによるボケ・解像度・収差など

歪曲収差・周辺減光

次に、家にあるカッターマットを撮ってみました。正確さは担保できませんが、歪曲収差の少なさと周辺減光の具合が分かるかなと思います。

歪曲自動補正をON/OFFのときで撮ってみましたが、OFFの状態でも歪曲収差がこれだけ少ないとは驚きでした。このコンパクトなレンズを光学系に歪曲が無いように設計されてるのはかなり難しいのでは?

周辺減光は1段絞ればかなり改善しますが少し残っているなぁって印象で、F4まで絞ればほぼ改善されます。というか、2.8でもほぼ問題ないです。

自動補正ONの状態

自動補正ON、F2の歪曲収差・周辺減光のチェック画像
F2
自動補正ON、F4の歪曲収差・周辺減光のチェック画像
F4
自動補正ON、F8の歪曲収差・周辺減光のチェック画像
F8
自動補正ON、F2.8の歪曲収差・周辺減光のチェック画像
F2.8
自動補正ON、F5.6の歪曲収差・周辺減光のチェック画像
F5.6
自動補正ON、F11の歪曲収差・周辺減光のチェック画像
F11

自動補正OFFの状態

自動補正OFF、F2の歪曲収差・周辺減光のチェック画像
F2
自動補正OFF、F4の歪曲収差・周辺減光のチェック画像
F4
自動補正OFF、F8の歪曲収差・周辺減光のチェック画像
F8
自動補正OFF、F2.8の歪曲収差・周辺減光のチェック画像
F2.8
自動補正OFF、F5.6の歪曲収差・周辺減光のチェック画像
F5.6
自動補正OFF、F11の歪曲収差・周辺減光のチェック画像
F11

[作例]Nikon NIKKOR Z 40mm f/2で撮ってみました(カメラ:Z 7)

写真について

最初は せっかくなので開放のF2で撮り歩いています。

全てRAWで撮って、Lrで明るさを調整するくらいで色はいじっていません。

発売日に届いて、お昼休みにスナップを撮り歩いてみました。まだ使い始めたばかりなのですが、かなり良レンズの予感です。

部屋から駐輪場に出て何気なくパシャリと1枚。Z 40mmを使ったファーストショットになったのですが、これほんとに3万円以下のレンズなの?って驚きました。立体感というかスッキリした好みの写りだなと感じました。

ほんの~りパープルフリンジが出てるぽい?かなと思いますが、これくらいならLrですぐ消せます。

自転車の作例写真

あとでボケの作例を載せていますが、Sラインの単焦点レンズに比べるとボケがざわついているかなと感じました。

木肌の作例写真

開放F2で晴天の中撮ると周辺減光を感じますが、とにかく色乗りが良いなという印象です。濃いいなと感じるかたはピクチャープロファイルをニュートラルにしたり、現像時に彩度を落としたりとしたほうがいいかも。

風景の作例写真
灯籠の作例写真
狛犬の作例写真

アンダー気味に花を撮ってみましたが、雰囲気良い感じになります。

コスモスの作例写真
木陰の作例写真
松葉の作例写真
コスモスの作例写真
木漏れ日の作例写真
鳥居の作例写真
スナップの作例写真
木漏れ日の作例写真
葉っぱの作例写真
ガードレールの作例写真
ベンチの作例写真
橋の下の作例写真
コスモスの作例写真
空の作例写真
光と影の作例写真
空の作例写真
映り込みの作例写真
光の作例写真
建物の作例写真
スナップの作例写真

最後のお好み焼き屋さんだけF8で撮った写真になります。

晴天の昼間で撮ると、開放F2でもすぐ1/8000を超えてしまいますので、夏はNDフィルターが必要になるかもです。

ボケ具合

ボケ具合を見るために、極端に撮ってみました。

スナップしている途中に、ボケが若干うるさいかなぁと感じました。Sラインの単焦点レンズの方がボケはキレイですが、値段を考えると当たり前ですよね。

とはいえ、このボケきらいじゃないです。F2で作ってくれてニコンさんありがとうという気持ちです。

ボケ具合の作例写真
ボケ具合の作例写真

太陽を入れて逆光での撮影

次に極端に太陽を入れて逆光で撮ってみました。フレアやゴーストを出そうと頑張ったのですが、これが限界です。

ほんの少しゴーストが出てますが、逆光でも色がのってきてるし、十分な逆光耐性と言えるのではないでしょうか。

太陽を入れて逆光の作例
太陽を入れて逆光の作例

最短撮影距離の開放で撮った例

次に室内で最短距離29cmの位置で開放F2で物撮りをしてみました。

普段はこんなことしませんが、参考程度に。滲んで柔らかい写りですね。

最短撮影距離の開放で撮った物撮り写真

総評・まとめ

最後にNIKKOR Z 40mm f/2の画像

Nikon NIKKOR Z 40mm f/2 の紹介でしたが、いかがでしょうか。

現状、純正Zレンズとして数少ない小型単焦点レンズです。小型なのでAPS-CのZ fcやZ 50に着けて使っても丁度いい大きさと焦点距離(換算60mm)となります。

僕は主に家族でお出かけするときに使おうかと思っていますが、カフェでのテーブルフォトにも活用したいなと思っています。

Nikon Z 5+24-50ズームレンズを購入して次の1本を考えている人や、Z fcやZ 50のレンズキットの次の1本を考えている人にぜひおすすめしたい1本です(値段的にも優しい)

気に入っている点と気になる点などまとめるとこんな感じです。

まとめ

[ 気に入っている点]

  1. F2という明るさで2万8千円台という手頃な値段
  2. 軽くてコンパクトで日常使いに最適
  3. 焦点距離40mmが使いやすい

[ 気になる点]

  • Sラインと比べると質感や写りは劣る
  • レンズ横のFnボタンを多用するので、レンズ横を爪で引っ掻く傷がつきやすそう(素材的に)
  • ボケが若干うるさい感じはする

と、気になる点をつらつら書いたのですが、メリットの方が大きすぎてデメリットは無いに等しい印象です。

鏡胴の素材や質感は値段を考えると十分ですし、写りも良い。F2という明るいレンズながら軽くてコンパクトで持ち出しやすい。

Sラインのレンズと写りを比べると、クリアさが足りなくてボケが若干うるさいなと感じましたが、そんなことよりいっぱい持ち出していっぱい撮りたくなるかわいいレンズです。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる