MENU
撮影取材を承ります。依頼ページよりご連絡ください →✉

【BenQ GV30レビュー】小さなフォルムで大きな映像美!天井投影が簡単に楽しめるLEDモバイルプロジェクター

URLをコピーする
URLをコピーしました!

\ 今日のお得情報 /

本日のAmazonタイムセールをみる

BenQ GV30 レビュー

本記事ではBenQのLEDモバイルプロジェクター「GV30」をレビューしています。

明るさ300ルーメンで解像度はHD(720p)で2.5時間バッテリーを搭載しているので、好きな部屋に持ち運んで大画面の映像を楽しむことができます。本体は135°の角度調整が可能で天井投影も簡単に楽しめます。

Andoroid TVが搭載されていWi-Fi環境があればPrime VideoやYouTubeを見ることができます。映画や動画を手軽に大画面で見たい方に特にオススメしたいです。

使って特に気に入っているポイント
  • コードレスで好きな場所に設置できる手軽さ
  • スピーカーの音質が想像以上に良かった

当記事はBenQ Japan | ベンキュージャパン様より商品をご提供いただきレビューを行っております。

目次

BenQ GV30の概要

BenQ GV30は2021年10月12日に発売されました。白い外観に黄色いレザーストラップがワンポイントになっているデザインがかわいいLEDモバイルプロジェクターです。

「いつでも、どこでも、映画や音楽が楽しめる寝転びプロジェクター」というコンセプト通り、気軽にどこでも楽しめるオススメのモバイルプロジェクターになっています。

元箱(左)と内箱(右)
元箱(左)と内箱(右)

スペック

輝度(ANSIルーメン)300ルーメン
コントラスト比100,000:1
スピーカー2.1 チャンネルチャンバースピーカー 
4Wx2 & 8W (ウーファー)
投写方式単板DLP方式
解像度HD (1280 x 720 ピクセル)
Rec.709カバー率97%
台形補正自動垂直±40 度
投影サイズ30~100インチ
無線LANIEEE 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)
耐落下衝撃耐性70cm
公式ページGV30製品ページ

重量

重量は台座を含めて約1.8kg、本体のみだと約1.6kg。ずしっと重みを感じますが、重たくて動かしたくないほどではなく気軽に持ち運びができる重量かなと思います。70cmの耐落下衝撃耐性があるのでレザーストラップを持った状態で落ちても壊れにくい頑丈さもあります。

台座含めて約1.8kg(本体のみ約1.6kg)
台座含めて約1.8kg(本体のみ約1.6kg)

付属品・同梱品

箱を開けるとハードケースがあって、その中に付属品一式がすっぽりと納まっています。持ち運びができるモバイルプロジェクターなので、電源コードや台座など一式が一つのケースに収納できて便利だなと思いました。

我が家ではベランダに持っていって壁に映し出して使うことが多いのでハードケースは重宝しています。部屋を移動させたり、外に持ち出して使うっていう方はありがたいですね。

ハードケース
ハードケース
ハードケースに付属式一式がすっぽり収納
付属品一式がすっぽり
付属品・同梱品
  • 電源アダプタ
  • 電源ケーブル(プラグ3種類)
  • 台座
  • BenQ HDMIドングル(Android TVドングル)
  • リモコン(単4電池付き)
  • 説明書/クイックスタートガイド/保証書
付属品一覧
付属品一覧
電源ケーブル(プラグ3種類)
電源ケーブル(プラグ3種類)
BenQ HDMIドングル(Android TVドングル)
BenQ HDMIドングル(Android TVドングル)
リモコン
リモコン

インターフェース・ポート部

本体側面には4つのポートがあります。

本体側面にあるインターフェース
  • HDMI
  • USB Type-C(PD対応)
  • オーディオジャック
  • 電源(DC IN)

これだけのポートがあれば、活用方法はとても広がります。iOS、MacOS、Android、Windowsのデバイスもワイヤレス接続でコンテンツやファイルを映し出すことも可能です。

例えばこんな使い方ができます
  • BDレコーダーを繋げて映画や録画したテレビを映す
  • Switchやゲーム機を繋げて大画面でゲームをする
  • ノートPCを繋げてNetflixやパワポを映す
  • スマホ内の写真や動画を映す(ワイヤレス)
本体側面のインターフェース
本体側面のインターフェース

本体上部にあるボタン部がこちらの4つとシンプルです。Bluetooth接続でのスピーカーモードは映像を映し出さずに音だけが出るモードになっています。

本体上部のボタン類
本体上部のボタン類

BenQ GV30のかわいらしい外観

グッドデザイン賞2021受賞しているというGV30の外観を見ていきましょう。

全体が白く丸いフォルムに本体上部にある革製のストラップがアクセントになっています。表面はさらさらと触り心地が良く、側面にスピーカーの穴が空いています。

グッドデザイン賞2021を受賞しているかわいい外観

いろんな角度からも見てみましょう。

通常は台座に乗せて使用しますが、底面部に三脚穴があるので三脚に乗せたりマウントアームなどを使って好きな場所に設置することもできそうです。

側面のインターフェース
正面部にレンズがあります
正面部にレンズ
側面
底面部には三脚穴があります
底面部には三脚穴
よこっち

ラックなどに出しっぱなしてもインテリアになりそうな外観です。

どこでもシアターになるモバイルプロジェクター

GV30モバイルプロジェクターというだけあって持ち運びがほんとに楽で、設置場所を問わずに映画や動画を大画面で映し出すことができます。

2.5時間バッテリー搭載で、オートフォーカスや自動で垂直台形調整を行ってくれるので、どこに置いてもすぐきれいな映像が見られるのはこんなに楽しいのかと感じました。

オートフォーカス&自動垂直台形調整

リモコンの拡大
リモコン操作で自動調整

オートフォーカス(自動ピント調節)

GV30の位置を変えたり動いてしまうとピントが合わなくなったときに、リモコンのオートフォーカスボタンをポチっとおせば自動でピントを合わせてくれます。

※オートフォーカスボタン:リモコンの一番上の真ん中のボタン

ピントが合っていない状態
ピントが合っていない状態
ピントをすぐあわせてくれる
ピントをすぐあわせてくれる

自動垂直台形調整

オートフォーカスは前後位置を変えたときに使いますが、自動垂直台形調整は本体を回転させたりして角度が変わって画面が台形になったときに使います。こちらもリモコンで自動か手動かを選んで調整することができます。

※自動垂直台形調整ボタン:リモコンの一番右上のボタン

垂直台形調整画面
垂直台形調整画面
垂直台形自動調整
垂直台形自動調整

どちらも自動調整するよう設定しておけば手間なく映像を楽しむことができます。

300ルーメンで720p解像度

ルーメンは明るさの単位で、数字が大きいほど明るくなります。300ルーメンというのは明るい部屋の中では映像が白く見えにくいので、ある程度暗い空間での視聴向けといったスペックになります。例えば、昼間でもカーテンを閉めた室内ならきれいに見えますし、逆に夜に室内灯を点けた室内では見えにくいかなといった感じです。

据え置き型のホームプロジェクターになると一つ上の解像度であるFullHD(1080p)以上のものがありますが、100インチまでの映像なら720pで十分楽しめることができます。

解像度や明るさを求めるなら据え置き型のホームプロジェクターを、手軽に楽しみたいならモバイルプロジェクターをといった具合にしっかり差別化ができているなと感じました。ホームプロジェクターのように映像の綺麗さを求めると配線や置き場所を考えないといけなくて、小さい子供がいるマンション暮らしの我が家ではちょっと難しいのでGV30がベストに感じます。

2.5時間バッテリーで持ち運び自由

GV30はバッテリー内蔵で2.5時間使用することができます。

2.5時間といったら約映画1本分です。プロジェクターで映画を見ようと思ったときにわざわざコンセントをつなげる必要がないというのは気が楽です。もしバッテリーが足りなくなったらPD(Power Delivery)対応のモバイルバッテリーで給電しながら使用できます。

初夏〜秋の夜は外が気持ちいいので、ベランダに持ち出して夫婦で少しずつ映画を楽しんでいます。イヤホンジャックがあるので周りに音をもらさずにシアター感覚を楽しめるのは最高の時間です。

ファンや動作音も小さめ

動作中の音をアプリで計測してみました。外の音などの環境音もあるので正確なものではありませんが、これだけ近くに置いても30~40dBくらいでした。これは「静かな住宅街」レベルとありますが、映画を見ている最中に動作音が気になることは一切ありませんでした。

動作音 39dB
動作音 39dB

天井など自由な角度に投影できるプロジェクター

最大135°の角度まで調整可能

GV30の丸い本体には理由があって、台座に乗せた状態スライドさせることで最大135°の角度調整をすることができます。

レンズを正面に向けてソファに座って動画や映画を見たり、回転させて上向きにすることで簡単に天井に投影することができます。

最大135°まで調整可能
最大135°まで調整可能

レンズを正面に向ければ壁に投影でき、レンズを上向きにすれば天井に簡単に投影できます。

正面に向けて視聴
正面に向けて視聴

寝室でベッドに横になりながら見たり、ソファで寝転がって見ることが簡単にできます。

レンズを上向きにする
レンズを上向きにする
ソファで寝転がって天井投影
ソファで寝転がって天井投影
天井に投影
天井に投影

2.1chのスピーカー内蔵・Bluetooth対応

Bluetooth接続してモバイルスピーカーとしても使える

GV304W×2と8Wウーファーの3基のスピーカー搭載されており、Bluetooth接続してモバイルスピーカーとしても使うことができます。音質もいいので、プロジェクターとして使わないときにはモバイルスピーカーとして使うことができるのは便利です。

BluetoothスピーカーモードでSpotifyを流せる
BluetoothスピーカーモードでSpotifyを流せる
よこっち

見た目がかわいいので出しっぱなしでいいかも

Android TV 9.0内蔵でYouTubeやAmazon Primeなどを手軽に楽しめる

GV30はBenQ HDMIドングルを差し込むことでAndroid TVを使用することができます。YouTubeやAmazon Primeのアプリは最初からインストールされているので、すぐに動画を楽しむことができます!まずは以下の手順でBenQ HDMIドングルを設置しましょう。

BenQ HDMIドングルの設置方法

STEP
GV30の側面パネルを開ける

付属のオレンジのピックで側面パネルを開けていきます。最初は少し怖いのですが思い切って差し込んでも大丈夫です!

BenQドングルの設置方法(ピックをはめる場所)
ピックをはめる場所
BenQドングルの設置方法(ピックを差し込んで外周を回す)
ピックを差し込んで外周を回す
BenQドングルの設置方法(ピックをはめる)
ピックをはめる
BenQドングルの設置方法(側面パネルを外した)
側面パネルを外したところ
STEP
BenQ HDMIドングルを差し込めば完成

側面パネル内にHDMIポートがあるので差し込めば完成です。簡単!

BenQ HDMIドングルを差し込む
BenQ HDMIドングルを差し込む
BenQドングルの設置完了
完成

Netflixの視聴方法

BenQ GV30でNetflixを見るときの注意点

GV30にはYouTubeやAmazon Primeなど、AndroidTVでインストールできる動画アプリで視聴が可能なのですが、Netflixは著作権保護のポリシーの変更のため直接視聴することができません。

ただ、GV30でNetflixを視聴するときは2つの方法があるのでご安心を

1.ノートパソコンのChromeブラウザを使ってワイヤレスキャストする

GV30とノートパソコンの両方が同じ無線ネットワークに接続していることを確認して、Chromeブラウザのアプリを起動してからキャストします。

Chromeブラウザ右上にあるメニュー→キャスト→GV30(設定した名前)を選びます。

Chromeブラウザのワイヤレスキャスト
Chromeブラウザのワイヤレスキャスト

Netflixの著作権保護のポリシーの変更により、モバイル端末からNetflixをプロジェクターにキャストすることはできません。(2021.12月現在)
そのほか、Google Playから手動でインストールすることで、Netflixを視聴できるアプリが多数あります。これらの推奨される視聴方法に従ってください。(※アプリのサービスの品質や技術的なサポートについては、各アプリの運営元によるものです。)
BenQサイトより

2.PCとケーブル接続(HDMI/USB Type-C)

MacBook AirとGV30をUSB Type-Cケーブルで繋げることで映像を映し出すことができます(例:YouTube)

MacBook AirとUSB Type-Cケーブルで繋いで映す
MacBook AirとUSB Type-Cケーブルで繋いで映す
よこっち

ノートPCとのワイヤレス接続がめっちゃ便利です

実際に使ってみた感想

GV30は使ってみてかなり満足度が高いプロジェクターでした。

一番気に入っているのは「手軽に持ち運べてどこでも楽しめる」ことです。角度調整も自在ですし、オートフォーカスや自動垂直台形調整で手間もかかりません。バッテリー内蔵でいつでも気軽に使えるのが最高なんですよね。

他にもスペックだけではない魅力がGV30にはあります。

iPhoneの子供写真や動画をすぐ映せて最高

とくにお子さんがいる家庭では、ワイヤレスで子供の写真や動画を大画面で映して楽しめます。iPhoneならAirPlayで接続も一瞬です。かわいい我が子の動画を家族みんなで見るなんて最高です!

iPhoneからAirPlayで写真を簡単に映せる
iPhoneからAirPlayで写真を簡単に映せる

音質が想像以上に良い

スピーカーなんですけど、正直おまけ程度かなぁとあまり期待はしていなかったのですが(すみません)、実際に聞いてみると重低音もしっかり感じられるし声もクリアに聞こえるしで想像以上に良かったです。

解像度は1080pが欲しいと思ったけど、720pで十分すぎました

スペックを求めるとFullHD(1080p)や4Kがあるので、720pだと物足りないかなぁと思っていたのですが、720pで全然十分でした。もちろん4Kだと美麗な映像が映し出されるんでしょうけど、そうなると据え置きで電源を確保してスクリーンも…となると我が家では難しいです。

子供がいてマンションでプロジェクターなんて無理だ…と思っていたのですが、LEDモバイルプロジェクターGV30はベストな商品でした。

軽くて2.5時間バッテリー内蔵なのでベランダや庭に持ち運んで使うのも手軽

持ち運びが簡単なので、一戸建ての方はお庭で映画を見ることもできると思いますし、我が家ではベランダで映画を見るのにも使ってみました。

これから夏から秋にかけて、涼しい夜にお酒を飲みながらベランダシアターというも良いですね。

ベランダで映画を楽しむ
ベランダで映画を楽しんでいます

BenQ GV30レビューまとめ

GV30は個人的には大満足なモバイルプロジェクターでした。最後に気に入った点や少し気になる点をまとめてみます。

気に入った点
  • 気軽に持ち運べてプロジェクターで見るハードルが無い
  • 天井投影できるのがほんとに楽しい(ソファで寝そべって見ています)
  • 操作性やレスポンスが良くてストレスなく楽しめる
  • プロジェクターぽくない丸いフォルムがかわいい
少し気になった点
  • Netflixをメインで見たい人はアプリから直接見れないのは面倒かも(これはもう仕方ない点ですが…)
よこっち

妻とお酒を飲みながら気軽に映画を楽しめる最高のプロジェクターでした!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる