記事を探したい方は全カテゴリへ
スポット

新白島駅をα6500+SEL1018でスナップ!【広島建物探訪】

広島にある面白い建物、教えます。

今回は「新白島駅」です。

比較的新しい駅なのですが、作りがとってもおしゃれなのでずっと写真を撮ってみたいなと思っていました。

たまたま、この駅を使うことがあったので、急遽スナップを撮ってみました!

タイトルにもあるように、カメラはα6500で、レンズはSEL1018という超広角ズームを使っています。

新白島駅について

新白島駅とは

新白島駅はアストラムラインという路線の駅で、2015年3月14日に開設された比較的新しい駅です。

意匠設計をシーラカンスアンドアソシエイツが、詳細設計をパシフィックコンサルタンツが手がける

とあります。wikipediaより

見てみると分かると思いますが、木材を使った天井や、白壁で長くて丸窓のあるホームが印象的です。建築物としてもおもしろいと思います

場所

広島駅からは、JRで1駅隣の白島駅と直結しているので、簡単に行くことが可能です。

広島駅から徒歩で25~30分くらいかかりますので、電車で行かれるのがおススメです。

新白島駅の写真

JRから新白島に乗り換える際の階段です。

天井が木材でびっしりです。これはかっこいい!

この先がアストラムラインの改札口です。

木の天井がずーっと続いているので、とってもかっこいい!

両壁が白くて陽が入ってくるので、ここを背景に人物を入れて写真を撮れたら最高かも!

アストラムラインの改札へ進んでいくと、徐々に丸い窓が増えてきます。

隣には基町アパートという広島では有名な団地があります。

またそちらも写真を撮りにいきたい!

この時は、天気が良くて良かった。

でも、この後ゲリラ豪雨に見舞われるとは思いもしませんでした。

外観の写真

これが新白島駅の外観です。

白い筒のような形をしています。

丸い窓がいくつも設けられていて、ホームから見るととっても印象的に見えるのです!

ホームの写真

これがホームの中から見た天井です。

丸い窓から入ってくる光がとっても印象的です!

さいごに

広島にある古い建物から新しい建物で、面白いと思ったものがあれば、これからスナップを撮りに行ってみたいと思います。

今回使用したカメラとレンズはα6500とSEL1018です。

35mm換算で15~27mmという超広角ズームレンズです。

狭い室内や、建築物を撮るのにめちゃめちゃ重宝するレンズです。

とってもお気に入りのレンズなので、詳しくレビューしたいです!

よこっち(@tirykt)から一言。

広島の面白いところを知ってもらいたい!

 

こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA