広島のお店の撮影取材承ります。お問い合わせページよりご連絡ください。

iPad mini(第5世代)を買いました。iPad 9.7(第6世代)から買い替えた理由とか。

2020 6/14
iPad mini(第5世代)を買いました。iPad 9.7(第6世代)から買い替えた理由とか。

iPad mini5を買いました。

約2年、iPad 9.7インチ(第6世代)を使用してきましたが、新しいiPadが欲しくなって色々と悩んでいたのですが、最終的にiPad mini5に決めました。

iPad mini5が発売されてすでに1年経過し、後継機種の噂もちらほらある中でぼくがiPad mini5を選んだ理由とか、iPad 9.7(第6世代)から買い替えた理由などをご紹介してみようと思います。

目次

ぼくが買ったiPad mini5

  • iPad mini(第5世代)
  • 64GB
  • WiFiモデル
  • 新品(認定整備済製品)
  • 約4万3千円

iPad mini5は64GBと256GBが存在しますが、本体に保存するのは電子書籍くらいなので64GBにしました。

写真や動画はGoogleフォトに入れているので、WiFi環境があるところで家族の写真を眺めるのに重宝しています。

そもそもiPadの用途

僕がiPadを使う用途はこんな感じでほぼ確定しつつあります。

  • 電子書籍(kindle、dマガジン)
  • 動画視聴(YouTube、Amazonプライムビデオ)
  • 家族写真や動画を見る(Googleフォト)
  • ちょっとしたお絵かき(MediBang Paint、SketchBook)
  • ノート(Noteshelf2)
  • ネットサーフィン

iPad mini5を買った理由

ぶっちゃけこれが一番大きな理由。

iPad mini5を普通に新品で購入すると約5万円。Apple認定整備済製品では約4万3千円で買うことができました。中古並の値段でAppleが新品保証しているものが買えるのはとっても安心ですよね。

iPad 9.7インチからiPad mini5に買い替えた理由

iPad mini5にすると決めるまではiPad 9.7(第6世代)の後継機であるiPad 10.2(第7世代)を買おうかなって思ってました。

iPad 9.7(第6世代)は値段の割に色んなことができてかなり満足度は高いのですが、それでも不満点はチラホラ。

iPad 9.7で不満だったこと
  • 重い(物理的に)
  • 小さい

iPad 9.7よりも小さいiPad miniに変えておいて、小さいとこが不満点ってどういうことかというと。

重いわりに画面が大きくないというか、重いならもっと画面広いのが欲しいというわがままな欲求が生まれてきました。

そこで、一番軽くてコンパクトなiPadであるiPad miniがめちゃめちゃ魅力的に見えてきて買い替えてみたということです。

結果的にこれが大正解。片手でサクッと電子書籍を見れるって幸せ!

よこっちのアイコン画像よこっち

どうせなら一番大きなiPad Pro 12.9が欲しいけど、電子書籍読むには大きすぎだからねぇ。

大学ノートと大きさ比較

こうやって並べてみるとコンパクトさがよくわかりますねえ。

大学ノートと大きさ比較
大学ノートと大きさ比較
よこっちのアイコン画像よこっち

小ささという価値がすごい

iPad mini5はケースをつけずに使いたい

iPad mini5を選んだ理由が「軽さ」なのでケースをつけずに使っていこうかなって思っています。

せっかく300gと軽いのに150gとかするケースを付けたらiPad miniの良さが薄まってしまいますよね。

それでも本体の保護はしたいので、wraplusのスキンシールというものを買ってみるつもりです。

買ったらまた記事にしてみます。

さいごに

こんな感じで僕はiPad mini5に買い替えてみたのですが、今現在めちゃめちゃ満足しています。

道具というのは用途に合ったものを選ぶっていうのが大事なんだなって感じました。なんでも1台でこなそうと思ったから不満が出たのかも。

よこっちのアイコン画像よこっち

ということで写真&動画編集用にiPad Pro12.9が欲しいです…

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる