記事を探したい方は全カテゴリへ
PC周辺機器

初めてのウルトラワイドモニターはLGがベターな5つの理由!

パソコンをする際に、大きなディスプレイで快適に作業をして、早く仕事を終えたいですよね。今は、ワイドモニターよりさらにワイドになった”ウルトラワイドモニター”なるものが世に出ています。Acer、ASUS、Dell、BenQ、LGなどから発売されているのですが、ぼくも事務所で使おうとガチで調べていくうちに、LGのものを購入するのがベターだと判断できる5つのメリットを感じました。ご紹介します。

アスペクト比”21:9″がウルトラワイドモニター

現状、アスペクト比が21:9のものが”ウルトラワイドモニター”と呼ばれています。
以前までのワイドモニターは16:9のものが主流でしたが、それよりも横幅がどーんとワイドになったアスペクト比です。

※アスペクト比というのは、画面の横サイズと縦サイズの比率です。

“LGは他社メーカーより割安”以外にもメリットが!

  1. 他社メーカーより割安
  2. 29インチがラインナップにある
  3. カラーマネジメント機能が付いている
  4. ゲーム性能が高い
  5. sRGB領域99%をカバー

現在、Acer、ASUS、Dell、BenQなどの他社からもウルトラワイドモニターが発売されていますが、34インチで5.5万円~8万円代です。変わって、LGは29インチで3万円半ばからラインナップされていて割安です。他社で29インチをラインナップしているASUSでは5万円以上しますので、29インチを検討するならLG一択と言ってもいいでしょう!

そして、カラーマネジメント機能は写真現像や動画作成を行う人にはありがたい機能です。センサーを使ったカラーマネジメントではありませんが、ディスプレイに表示されている色合いや明るさやコントラストを調整できるのはありがたいです。印刷物や別のディスプレイと色を合わせる際に使用できます。

29インチは、まだラインナップが少ない

 

LG製ウルトラワイドモニターのラインナップ

今使っている23インチのモニタと、LGから出ている29インチと34インチのモニタをざっくりと大きさ比較しました。23インチで横幅548mmで、29インチが横幅698mm、34インチが826mmになっています。ざっくりと、29インチにすると1.3倍になり、34インチにすると1.5倍の大きさになっています。大きいほど作業スペースが広がりますが、置き場所の広さも必要になってきます。購入前にしっかりとサイズ確認を!

1.”29インチ”の29WK600-W

 

29インチの寸法図です。ウルトラワイドモニターは34インチが多いのですが、34インチはかなり大きいので、29インチがラインナップされているのは嬉しいです。

2.”34インチ”の34WK650-W

34インチの迫力はすごいです!テレビが目の前に置かれているのと同じです。モニター全体をウィンドウで埋めるのも大変そうです。大迫力でゲームがしたい人や、photoshopを使ったり、動画作成する人など、とにかく作業スペースが必要な人は34インチを迷わず買うべきです!

“ゲームや動画編集”には34インチ!”写真”や”仕事”や”ネットサーフィン”には29インチがおすすめ!

仕事などで、いまよりワイドなモニターが欲しい人は29インチを、ゲームや動画や写真をする際に、とにかく作業スペースを求める人は34インチを選ぶと幸せになれるでしょう。

ぼくは仕事をメインにプライベートで写真をしたいので、29インチを選ぼうと思います。購入したらまたインプレッションも書いていきたいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA